リパティが愛した街

湖畔の街ジュネーヴの朝。

f0068878_20280005.jpg


朝7時でもまだ朝焼けがこんなにも美しい。

f0068878_20282119.jpg


湖から丘の上のサンピエール聖堂に向かって石畳の坂を登り、レマン湖を振り返る。

f0068878_09362613.jpg

丘の上の広場にはテラス席が並び、市民と観光客が憩う。

街歩きに疲れた足をとめ、ビールを一杯楽しもう。

湖面の爽やかな空気が、丘に向かう風となって街をすり抜けて行く。

f0068878_20301264.jpg


旧市街の坂道を登った広場から、美術館に向かう小道を歩いていくと、建物の壁に貼り付けられた肖像画に気が付いた。

f0068878_20324223.jpg

「ディヌ・リパティ ルーマニアのピアニスト・作曲家 1946年から50年までここに住む」と記されている。

なんと、リパティはここに住み、ここからあのブザンソンのコンサートに向かったのであろうか?

この小さな肖像画以外何も痕跡はない。記念館もない。

丘の上の石畳の街並みを渡る風に、彼は鍵盤の音を乗せていたのだろうか。

f0068878_20293059.jpg


彼の住まいからほど近い、サンピエール聖堂。

f0068878_20294254.jpg

f0068878_20295172.jpg
夜はこんな荘厳な趣に。

f0068878_20332506.jpg

旧市街からターミナルのコンナヴァル駅方面に向かう途中、ローヌ川を渡る橋の上から大噴水を眺める。

f0068878_20285539.jpg

f0068878_20331593.jpg
湖畔の街の夜は更けて行く。

by windypapa | 2018-09-15 09:32 | 日々是好日 | Comments(0)

好きな音楽やスポーツの話題


by windypapa
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る