波濤を超え迫り来るもの

いったい何の標題かって?

海の向こうから今、妖麗な歌姫と稀代のエンターテイナーが我が家を目指して飛来中なのである。

そんなことを想像するだけでウキウキしてくる。でしょう?

妖麗な歌姫とはこちらのお方。

素晴らしい脚線美、もとい、写真でしょう?アナログ盤の愉しみ、ここに極まれり。


f0068878_09122447.jpg

先日の「歌仙を巻く会」でメンターS氏が持参された"Sung In German"と同じ音源。当日は"Time On My Hands"という複雑な恋路の歌を聴かせてもらった。

f0068878_09122129.jpg

Discogsを検索して1959年イシューのColumbia盤CL1275を見つけて、即オーダーした次第。

もう一人の御大は、こちら。

f0068878_09103563.jpg
同じくS氏に紹介された1962年の"Live at Carnegie Hall"。
歌仙を巻く会では、"Just In Time", "Love Is Here To Stay", "Climb Every Mountain", "Ol Man River"を聴かせていただいた。

同じくDiscogsで検索すると、2枚組とVOL.1として1枚にまとめたものと、リイシュー盤と複数ヒットする。

その中で1962年イシューの2枚組Columbia盤C2S823をeBayで見つけたので、確保。

f0068878_09102281.jpg

両人ともまだ旅の途上ゆえ、写真は出品者の者を借用。待ちきれないもので・・・(笑)

並行してO氏のKansas City 7も検索中。

さて度肝を抜かれたWeather Reportだが、電網検索中にはたと手を止め、僕の中では「同系列」のReturn to Forever "Romantic Warrior"をラックから取り出してみる。(下写真右端)

従前から我が家のアナログ環境に馴染まぬレコードの一つで、"Music Magic"と共に半永久的蟄居状態にあった盤であるが、Wether Reportの”Mr. Gone"を聴いて閃めくものがあったのだ。

早速ヴィニルをStudioのプラッターに載せてZYX ATMOSで再生すると、閃き通り、おもちゃ箱をひっくり返したように鮮烈な音が飛び出してきた。

今までは、チックコリアとアル・ディメオラがピラピラと演奏する後ろでレニーホワイトとスタンリー・クラークがこぢんまりと仕事をしている印象だったが、今や解き放たれエネルギーを充填されたツワモノどもの叩きだす音が、凄まじい熱量を発しながら、縦横無尽に跳梁跋扈し始めたのだ。

これは我が事ながら呆気にとられる。いきなり600枚抜きで我が家の常務取締役就任へヴィローテーション入り間違いなしだ。

つうわけで、eBay, Discogs上での衝動的Clickの進撃の指はストップ。ふう~。(^^;

ZYXによる光明は続く。

一昨日プラッターの上で舞ったペーター=ルーカス・グラーフ指揮&フルート/ローザンヌ室内管弦楽団 モーツアルト フルートと管弦楽のための作品全集(写真左端)とハイティンク指揮コンセルトヘボウ響とアラウによるベートーヴェンピアノコンツェルト第4番2・3楽章(写真中央/イタリアン・プレス)の麗しい響き。


f0068878_08460334.jpg

毎日、プラッターを回せば新たな発見が待つ。

どうか、耳が慣れることなく、この楽しみが長く続きますように。


Commented by S.T. at 2018-05-10 21:41 x
友達から聞きましたが、このところ大変な盛り上がりなんですって? windypapa のオーディオは正にビッグバン状態で、もうどうにも止まらないとか。

今回のウエザーリポートの件は、我らがジェリー・ウエスタビ―ならきっと ” Super, old sport " と punch line で謝意を表するところですね。

windypapaってちょっとウエスタビ―的というか、どこか彼を彷彿させるものを感じます。そのオーディオに対する熱い真っ直ぐな情熱と行動力は、ウエスタビ―のリジ―に対するイノセントな愛情とどことなく似てるようでねw だから今年の夏はせいぜい半ズボンをはいで街を歩き、友達に会ったら、”Super, sport" を連発してくださいww

”どうか、耳が慣れることなく、この楽しみが長く続きますように”という文章には本当に少し感動しました。
Commented by windypapa at 2018-05-11 08:52
>ちょっとウエスタビ―的というか、どこか彼を彷彿させるものを感じます。
「エエとこどりせんといてーな」という声がかかりそうなお褒めの言葉、ありがとうございます。(笑)
そうですか、「豪儀」は"Super"だったのですね。うーむ、妙訳というかなんというか・・・今の言葉なら「上等」くらいの語感でしょうか?でも「浮世離れ」感を出すなら豪儀ですね。

>”どうか、耳が慣れることなく、この楽しみが~”
手に入れたささやかな幸せも、その有難みをすぐに忘れて当たり前のものと思い込む、人間とはなんと業が深いのでしょう。
神経を合金製に替えたかのようです。(笑)

「お友達」によろしくお伝えください。
by windypapa | 2018-05-09 11:47 | オーディオ | Comments(2)

好きな音楽やスポーツの話題


by windypapa
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る