DEC 02

風邪が抜けずに鼻がぐずぐずした状態が続き、気持ちがワルイ。発熱がないのが幸いだが、服薬期間が長くなるのはヤなので投薬打切り。

という状態なのに、フラッグフットボールの練習に早朝からのこのこと八幡山まで出かけていく。

学生時代はぬかるんだグラウンドで泥だらけで試合をして、ホースで水浴びしたまま震える体で銭湯に行き、渋い顔をされながらも暖かい湯に浸かってほっとした記憶しか残っていない。

しかしほぼ40年ぶりに立つグラウンドに昔の面影はなく、きれいに整備された人工芝が広がり、脇にはシャワー室も完備された管理棟が立つ。

さすが近頃では女子高生人気が高いと噂の大学、立派なものです。

最近の学生さんは、こんな気持ちええとこで練習してはるんやなあ、となぜか突然浮かぶ関西弁で納得。

我々の世代のように関東ローム層で削られた傷や破傷風菌と戦う必要もなく、人工芝の黒いチップがソックスについてとれへん、と文句を言うくらいなのであろうか。

そんなジジイみたいな御託を並べている間にフラッグの練習試合は始まり、事前にろくにプレイ合わせもせずQBも欠席の我がチームは2チームに惨敗。

怪我をしなかった幸運に感謝。そして何より、青空の下、人工芝とは言え美しい緑のフィールドで一緒に身体を動かす仲間がいることに感謝。

早起きのおかげでグラウンド撤収してもまだ午前10時。午後の予定まで時間があるので一度帰宅し食事を摂りウトウトと昼寝。
目が覚めると、寝起きの億劫な気持ちを振り切り、昨年資格試験を受験したときにお世話になった塾のOB総会&忘年会に出席する。

f0068878_14483956.jpg
初冬の街角に見つけた秋の名残り。

f0068878_14491425.jpg
246に射すつるべ落としの夕陽。

忘年会では、すでに開業した方々の興味深い話を聞くことができて、大変参考になった。
定年延長で猶予期間が延び、独立の気概が薄れかけていたが、X dayを念頭に置き、心身をブラッシュアップさせておくことを改めて誓う。

長い一日であった。風邪がぶりかえさぬことを祈り床に就く。



by windypapa | 2017-12-02 23:46 | 日々是好日 | Comments(0)

好きな音楽やスポーツの話題


by windypapa
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る