American Byplayers

今朝9:45成田発の飛行機で釜山に帰って来た。折からの雪で空港までの足が乱れ、ヒヤヒヤの旅立ち。NEX運休、リムジンバスもあてにならねー、というなかで皆が京成にシフト、乗ろうとしたスカイライナーも満席で焦るも、次の便でぎりぎりセーフ、ことなきを得た。ふう。
今回の往復で観た映画が話題作、Argo。1980年に起きたイランからのアメリカ大使館員救出作戦のお話。題材から言ってギミックを感じさせる映画かなあ、と思っていたけど、豈図らんや、思いの外正当でドキュメンタリータッチのリアリズム、結構楽しめました。脱出が成功するかどうかのハラハラドキドキって、やっぱりアメ画のリズムの切れがあってのものだね。
f0068878_2324228.jpg

主役のBenn AffleckはPaycheckやArumagedonの単細胞(失礼)的なイメージやジェイ・ローのEx Husbandの印象が強かったけど、今回は随分抑えたシブい演技に徹しています。
最近バイプレーヤーぶりが話題のJohn Goodmanも映画人として登場、いいスパイスだね。特筆は映画監督役のAran Arkin。何か頭に引っかかるなあ、ってIMDbで調べたら、あの"Little Miss Sunshine" のCrazyな爺さんじゃないですか。今回もF wordsを吐きまくってます。もうひとり、カナダ大使役のVictor Garberもバイプレーヤーで欠かせぬ人ですね。TVシリーズAliasのJack Bristow役がハマってました。

実は今回の出張では往路で一部で話題の「人生の特等席」の前回持ち越し分、ラスト20分ほども観ることが出来たんだ。
しかしインターバルを置いたせいか、あるいは日本語字幕ならぬ吹替え版しかなかったためか、なんだか気の抜けたサイダーのような後味。プロット的にも、あの新人ピッチャーを見つけてからの展開はちょっと都合良すぎるよなー。

この映画で気になるのが、イーストウッドの仇役、Money ball実践者のPhillip Sandersonを演じるMatthew Lillard。この人、ジョージ・クルーニーの"Descendant"でもクルーニーの奥さんの不倫相手として登場していたな。ヤナ奴なんだけど、芯からの悪人じゃない、ちょっと弱みや愛嬌を見せる仇役としていい味出すんだよね。妙に印象に残ります。

えっと、映画の話ばっかりになったけど、本当はソウルのオーディオショップの話とか書こうと思ってたんだ。だけどなんか今日はもう疲れたからこれでおしまい。またね。
Commented by 宗助 at 2013-02-07 23:38 x
成田・釜山往復で「Argo」と「人生の特等席」の二本立ては豪華ラインアップですね

この二本とも六本木の映画館で見たのですが、平日昼間はわりと外人が多いみたいで、彼らは傍若無人に(こちらのひがみです、多分)大きな声で笑うのに、こちらは字幕を見てるからか意味がよく分からず笑えなくて、なんとなくいまいましい

ところが、アルゴの最後の所で、「歴史は悲劇で始まり喜劇で終わる」だったか、マルクスをもじった発言に対し、「誰の言葉?」「マルクスだ」「グラウチョか」という一寸いい台詞があったのに、彼らは全然笑わない、カール・マルクスをしらないのか、グラウチョを知らないのか

人生の特等席でも、ミッキーのいう名前の娘さんに、「なんでミッキー?」「お父さんがミッキー・マントルの大ファンだったから」「そうか、ヨギ・べラでなくて良かったね」というジョークをかますのに全然近くの外人の反応なし、大捕手にして変人のヨギ・べラを知らないのかな

私は頑張って笑ってやりましたが、年甲斐もない対抗心だな、と少し反省したことでした
Commented by windypapa at 2013-02-09 08:05
たしか字幕では「歴史は喜劇で始まり悲劇で終わる」でしたね。自らインチキ産業だと名乗る彼ら二人の映画人の存在が、Argoを中東の「Sting」たらしめていた?のだと思います。(年末にシネマセンターの大画面でスティングを観て、その素晴らしさを久しぶりに堪能したところでした。)

ヨギ・ベラのジョークは僕もわかりませんでした。笑)
「人生の〜」の前半を観たときは、降機時に隣の若い日本人男性二人組が「おまえ何観てた?」「ん、なんかおじいちゃんばっかり出て来る映画(彼は『人生〜』を観ていた)」とほざいているのを聞き失笑しました。ハリーに撃ち殺してもらいましょう。
Commented by 宗助 at 2013-02-09 10:38 x
ヨギべラってアメリカじゃ長嶋と野村を足して2で割ったような人なんですかね、名語録みたいな本まで出てるみたいです、ブルドッグみたいな顔でしたが
「ピザは4つに切ってくれ、6個じゃ食えない」なんて最高ですね

字幕はそうなってましたっけ? ヒアリングがダメなので字幕頼りですが、プロデューサーはマルクス嫌いだからもじったのかな、と思ってました

確か、カールマルクスの言葉は「歴史は二度繰り返す、最初は悲劇として、二度目は笑劇として」でしたっけね、人生のいろんな局面でなるほどと思う、なかなか含蓄のある言葉ですね
by windypapa | 2013-02-06 23:34 | 映画 | Comments(3)

好きな音楽やスポーツの話題


by windypapa
プロフィールを見る
画像一覧