アルミフォイルは舞い降りた

筋肉痛に悩まされている間、音楽をまともに聴いていなかった。
フィジカル面でそんな余裕が無かったから、というのが一つ。
もうひとつは、ノイズの問題だ。

WE271Aとワーフェデールで気持ちよく音が出るようになった話は既に書いた。
しかし、その音にはノイズ成分が混ざっていたのだ。
それは①ジーッという断続的なノイズと、②ブーンという継続的なハム音のふたつで、機器も取り敢えず並べただけなのでそのうち対策を打とうとのんびり構えていたのだ。

しかし、韓さんから譲ってもらったTITANという電源装置も含めて、いざ機器の配置換えをしようとすればそれなりの力仕事となり、筋肉系の疾患で気力も損なわれた身には億劫さが勝り、放置してきたのだ。

かといってたまにアンプに灯をともしても、ピアニッシモでノイズが聞こえるのでは興も醒めるというもの。

労を惜しみ、エルサウンドのデータ専用USBケーブル【汎用版】やカテゴリー7のLANケーブル、フェライトコアのノイズフィルターなどを求めて部分対応してみたが、ノイズそのものを取り除くには至らなかった。

そんな理由ですっかりワーフェデールの前から遠ざかっていたのだ。

しかし薬の服用で体が痛みから開放され、久々に初夏の釜山郊外を散策し、
f0068878_170574.jpg

f0068878_16595026.jpg

昼はお気に入りのキムパブ(韓国式のり巻きー酢飯ではない)を食して
f0068878_173516.jpg

気分も前向きになったので、重たいアンプや電源装置を動かしてみることにした。

①ジーッというノイズは、a)アンプをONにすると聞こえてくる。b)PCとALIXをLANで結ぶと増大する。c)MLAS ML-7×powered SPの時も聞こえていた ということから、このアパート内で発生するスィッチングあるいはインバーターノイズの成分を拾っているのではないか、と考える。同じLDKにある冷蔵庫をインバーターノイズ源と考え、その電源コードをフェライトに巻くが効果はみられない。
レイアウト上オーディオ機器の真ん中に配置する大型液晶TVもノイズ源であると考えられるので、今回のレイアウト変更ではオーディオラックの裏側で交差するTVの電源ケーブル・アンテナ線とオーディオの信号ケーブルの分離を優先する。

②ブーンというハム音はPCとALIXをLANケーブルで結ぶと発生し、デジタル機器とプリアンプの間でノイズループを形成する。プリ、DAC、ALIXそれぞれのシャーシに手で触れるとノイズが低減するのがわかる。また2mのカテゴリー7ケーブルより、1mのcat6ケーブルの方がノイズの発生が少ないことから、LANケーブルがアンテナになっていることもわかった。
機器の配置換えと結線のし直しで、ノイズのループを断てるとよいのだが。

ということで、TVのラインとオーディオのラインの分離配置を実行。さらにTVの電源ケーブルとLANケーブルにフェライトを咬ませてみる。
f0068878_16552883.jpg

この状態で電源を入れ、LAN接続をしてみると、①②ともに3割くらい減退したことがわかる。
それなりに結果が出てウレシイが、物足りない。

ひょっとしたらと、ALIXをアルミフォイルで包んでみる。

これは効果がない。取り外して、気紛れでプリアンプの上にアルミフォイルをかざしてみる。初段ACHLとファイナルWE272Aの茄子管はじめ剥き出しのプリの頭上にアルミフォイルをかざすと、盛大にノイズが鳴りだすが、そのまま上に載せると、ぴたっとノイズが止まったのである。

確認のためにもう一度アルミフォイルを外すとノイズが乗る。上に載せると止む。
f0068878_16565789.jpg

たはは。つまりはプリアンプのシールドの問題って訳か。気付いてみれば当たり前なんだが・・・。

272Aプリとpowered SPをXLR接続していたときはノイズが入らなかったので、シールドの問題は頭から外れていた。先入観はこわい。

冷静に無音状態で検証すると、ノイズはゼロになった訳でなく微かに聞こえるが、以前と比べると20分の1に減退した。まずは祝着である。

といっても、このシャーシにあわせてシールドケースを作るのも骨が折れるなあ。ま、いいか。格好悪いけど、しばらくアルミフォイルの傘を被らせておこう。誰も気にしねー。

というわけで、ようやくワーフ君を迎えて音楽を聴く環境が整ったってワケ。久しぶりに外付けHDD内の棚卸しよろしく、次から次へと再生していく気持ちよさ。
by windypapa | 2012-05-28 17:08 | オーディオ | Comments(0)

好きな音楽やスポーツの話題


by windypapa
プロフィールを見る
画像一覧