備忘録 Powerbook HDD交換 コブツに追い銭

留守宅のmacは2003年のPowerBook G4 17" 1Ghz という博物館級のコブツ(古物)である。

コブツというとなんだか「いらんもん」のようだが、どっこい現役である。
飼い主もそろそろコブツの域に差し掛かり、しかもコブツ好きだから始末が悪い。

元来OSX10.3対応のコブツにOSX 10.5 Leopardをインストールしてるせいもあるのか、どうも動作が一杯一杯である。

Skypeの最中で画像がすぐフリーズする。動作中も時々キュルキュルキュルと異音が聞こえてくる。

これはさすがにHDDの断末魔かなと、一時帰国した折、「秋葉館」に立ち寄ってWestern Digital製320GB、 5,400rpmのHDDを入手した。今や稀少?のIDEインターフェース、11,800円。起動できる外付けHDDケースはこれだけですよーと秋葉館店員が勧めたデータ移行用外付けHDDケース(FIREWIRE対応)4,180円。帰宅後amazonで注文したので秋葉館(4,980円)より安かったけど、USB対応の簡易ケース(1,000円以下)と比べると高いなー。

PowerBook G4(アルミ)のHDD交換記事を事前にネットで検索したが、15インチや12インチは複雑で結構ハードルが高そうだ。少しネガティブな予感も頭を過ぎるが、作業料(HDD交換+データ移行)で13,000円も払えば材料費込みで3万円になる。ここはいちかばちか勝負しよう。秋葉館でパネル脱着に使う冶具(金属製の小さなシャベルのようなもの)680円も購入。結果的にこれは正解。
f0068878_23405875.jpg


さて、まずデータ移行である。外付けFIREWIRE対応ケースに、購入したWD320GBを組み込み、G4に接続。MACのディスクユーティリティを使ってデータ移行する。参考したのは下記サイト。
http://inforati.jp/apple/mac-tips-techniques/application-hints/how-to-copy-system-to-external-hard-disk-in-mac.html
ただし、Powerbookの場合、パーティションマップ方式は「GUID」ではなく「Apple パティションマップ」となるので注意。

当初データ移行所要時間は2時間と表示されたが、結局1時間半で終了。このあたりFIREWIRE接続のおかげか。
これでWD320GBからの起動が出来れば成功。
一旦電源を切り、外付けHDDからの起動をテストする。「ジャーン」 問題なく起動。単純にウレシイ。

次はいよいよG4を開腹し、HDDを交換だ。参照したのがこのサイト。使った工具は★型T6,7,8含む精密ドライバーセットと上記の治具だけ。

http://www.ifixit.com/Guide/PowerBook-G4-Aluminum-17-Inch-1-1-67-GHz-Hard-Drive-Replacement/246/1#.T7-X2-21nkc

英文だが写真が多くとてもわかりやすい。

サイトの指示に従い、裏側のバッテリーを外し、メモリーカバーを開けてメモリーを外す。
f0068878_234234100.jpg

すると現れるtrackpad cableコネクターを1.5mmほどバッテリー側に下げ、フィルムケーブルを外す。
f0068878_23461549.jpg


サイトの指示に従い、裏面・側面のネジを外していく。外した場所ごとにネジをセロファンテープで説明書(参照サイト記事を印刷したもの)に貼り付けていく。異常な記憶力の持ち主以外必須。

液晶パネルを開け、メインパネルを取り外す。大きいだけで15”のような特殊な「引っ掛け」が無いので楽。フィルムケーブルを傷つけないように。
f0068878_23483390.jpg

ようやくHDDにご対面。サウンドリボンケーブルを「たすき」のようにかけている。

左下隅のサウンドリボンケーブルコネクターを冶具を使って外し、たすきがけを外す。
f0068878_2351365.jpg

HDDとメイン基板とを接続するフィルムケーブルの基板側を冶具を使って外し、慎重にHDDを取り外す。
f0068878_23521355.jpg

HDDからフィルムケーブルとHDDを囲う金属製の外枠を外す。
f0068878_23532219.jpg

外付けケースからデータ移行済みのWD320GBを取り出し、金属枠とフィルムケーブルを装着。選手交代だ。
f0068878_2354161.jpg

分解と逆の手順で組み立てていく。
f0068878_23551978.jpg

少し苦労したのがメインパネルを本体に嵌め込む作業。細かな爪がうまく本体側のガイドに嵌め込めない。
ここで冶具が威力を発揮。靴べらの要領でそれぞれの爪をガイドに誘導し、なんとか納まった。

上記交換作業に費やした時間は1時間10分。肩が回らず上腕に思うように力が入らない条件を考えればまあまあだ。

早速内蔵したWD320GBで起動する。「ジャーン」おなじみの音で難なく起動。全てのアプリケーション、データも交換前の状態で納まっている。

さてサクサク動くかな?

うーん、気持ち軽くなったという程度か。スカイプのフリーズも少し頻度が減ったくらい。期待した「劇的」な改善はなかった。
次は最後の足掻きでメモリー増設をしてみよう。

ということで備忘録まで。といってもこれ以上コブツを開いてあれこれすることも無いだろうが。

コブツに追い銭も大概にしなくては。
by windypapa | 2012-05-26 00:02 | 日々是好日 | Comments(0)

好きな音楽やスポーツの話題


by windypapa
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る