秋夕(チュソク)

昨日の雨が上がると釜山の街もすっかり秋の気配に包まれた。
空気が澄み、海と山の碧と緑が目に沁みる。
韓国の旧盆休みは秋夕(チュソク)といい、日本の盆休みのように皆帰省するか旅行に出掛けるようだ。

で、そうしない人は街の中で時間を過ごす。

というわけで午後、ナムチョン(南川)駅から歩いて二妓台(イギデ)から五六島(オリュクド)へのコースを巡る。

釜山港と広安里ビーチの間に突き出た半島の東側の海岸沿いの遊歩道だ。
おなじみの広安大橋をちょうど逆側から眺める格好になる。
f0068878_23382652.jpg

今日は風が強く波が岩場に砕け、意外に荒々しい海の姿を見せてくれる。

カメラを構えても風で手ぶれを起こしそうになるほど。帽子も飛ばされそうだ。

二妓台という名の由来は、文禄の役の際スヨン(水営)城を落とした日本軍が景色の良いところで祝宴を張るために選んだこの地で、宴に狩り出された妓女のうち二人が、酔わせた日本軍の侍二人を道連れに海に飛び込んだという故事から来ているそうだ。

カンヤンの項でも触れたが、文禄慶長の役の跡はまことに色濃くこの地に残っている。

途中から海沿いのコースを外れ、山道に入ってしまったが無事五六島を眺める場所に行き着いた。
f0068878_23362451.jpg

絶景かな。

夜はマークレビンソンのさえずる音と戯れる。
今日のメニューはCarpenters"A Song For You", Rickie Lee Jones"it's like this", Pierre-Laurent Aimard(pf)/Nikolaus Harnoncourt指揮Chamber Orchestra of Europe"Beethoven Piano Concerto Nos.2" だ。
すっかり涼しくなった部屋で、心地よい響きに身を任せる。

秋夕(チュソク)の休日が過ぎて行く。
by windypapa | 2010-09-23 23:51 | 日々是好日 | Comments(0)

好きな音楽やスポーツの話題


by windypapa
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る