イ・デホ

職場の仲間とナイターを観に行った。釜山と言えばロッテジャイアンツ。オリンピックの時に作ったと言う、山に近い複合競技場の中心に球場がある。ロッテジャイアンツは阪神タイガースに似た熱狂的なファンに支えられていて、その過激!な応援は韓国一だ。(と同僚達は一様に胸を張る。)
先日9試合連続本塁打の世界記録を打ち立てたイ・デホが4番に座る重量打線が看板のチームだ、そうな。

仕事を終えて球場に着くと、試合はもう始まっていて、初回に2点先行した宿敵キアに対しロッテが反撃して逆転したところ。スタジアムはもう興奮のるつぼ。
とにもかくにも乾いた喉にビールを流し込み、いざ観戦。

韓国野球はWBCでの活躍でもわかるように日本野球と遜色無いレベルだ。結構結構。自慢の応援はどうだ?
f0068878_20142362.jpg


ユニホーム姿に何故か白いブーツを履いた男性チアリーダーが客席内にしつらえた舞台に立ち、ロッテの攻撃中は笛を吹き体を動かしのべつ幕無しに応援をリードし、大音量のPAが追随して観客の応援を盛り上げる。
攻守交代の間隙には、手足が長い4人の細身のアガシ達がショートパンツのユニフォーム姿で舞台で踊り、観客もといオヤジ達の目を楽しませる。

アガシの踊りは結構なれど、絶え間ない応援は何とかならんか?うるさくてプレイに集中出来んぞ!

日本の「鳴りもの」入りの応援もえーかげんにしてほしいが、ロッテジャイアンツの応援も俺に言わせりゃ贔屓の引き倒しだ。これじゃ選手はプレイに集中出来んがな。なにせ投手がいざ球を投げんと言う時にチアリーダーの吹く笛の音が響き渡るんだぜ。勘弁して欲しいよ。

初回に一挙5点を返したロッテだが、2回以降は打線が沈黙、終盤KIAに逆転され、最終回の攻撃では3番バッターが頭部に死球を受けて鬱憤の貯まったファンが次々にペットボトルをフィールドに投げ込み、それを止めるファンとの間でそこかしこでいざこざも発生、騒然とする中ゲームセット。
やれやれ。一昔前の我が国の某球団ファンもひどかったけど、こりゃあんまりだ。

同僚に言わせると前の対戦でロッテの主力が同じ投手から死球を受けて今シーズン復帰出来なくなった伏線がある、とのことだが、それにしても幻滅だ。

笛や太鼓やトランペット無しに、観客もビールを飲みながらも一球一球に集中し、ナイスプレイに対しては自然に沸き上がる歓声を捧げたい。芝生の外野席にはBBQ場を設けて肉や野菜を喰らいながらゲームを観るもよし。つまりもっとゆったりスタジアムでの時間を楽しみたい、というのが米国ボケが治らないおいらの主張。

とはいうものの、韓国には韓国の、いや釜山には釜山の楽しみ方があるのでしょう。野暮は言いません。どうぞお楽しみくださいな。

ところでイ・デホ、ヒットは打ったけど肝心のところで3塁線を破られて駄目押し点を献上。ヒットになったけど、体の切れが良い3塁手なら止められたのでは?来季は日本球界入りの噂もあるようだが、今のままならDHでしか起用出来ない?
でも応援ソングの「デーオー、デーエエーオー」は良かったね。
by windypapa | 2010-08-24 19:23 | music | Comments(0)

好きな音楽やスポーツの話題


by windypapa
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る