梵魚寺(ボモサ)

今日は日本から訪れた妻と釜山の北側山中にある梵魚寺を訪れた。地下鉄の梵魚寺駅で降りて地上に上がると既に上り坂の始まりで、アウトドアショップなどを横目にバスセンターに着くとはや梵魚寺行き90番のバスがピストン輸送よろしく出発している。早速乗り込むとあっという間に満員となり出発!すぐさま山道に入りワインディングロードを15分程ぐんぐん登って行くと、どうやらボモサの入り口に辿り着く。どうやらというのは、運転手のアナウンスが聴き取れないので停留所の名前が分からないのだ。こういう時は大多数が降りる時に一緒に降りるのが鉄則である。
バスから降りる人の中には山登りの装いの人達も沢山いる。この人達はここから更に山道を行くのだろうか?

果たして降りたところは正解で、すぐに寺の入り口を見つけた。急な坂道の脇には清流が流れ、多くの子供連れ釜山市民がミニテントを張ったりシートを広げたりで涼をとっている。歓声を横に聞きながら緑に包まれた坂道を上がって行くと、広大な境内に出る。

「お勤め」の時間にちょうど重なったのか、どのお堂からも読経の声が聞こえる。熱心な信者達も立ったり座ったりの祈りを繰り返す。蝉の声が読経の声に重なり、山の中に吸い込まれてゆく。
f0068878_2141133.jpg

境内は斜面にあるため、階段が多く建物の大きな瓦葺き屋根を間近に眺めることが出来る。壮観也。
f0068878_2143474.jpg

釜山は港町のイメージが高いが、リアス式の地形で山が迫り、少し北に向かえばすぐにこうした急峻な山に入ることが出来るのだ。善き哉。
f0068878_21373427.jpg

by windypapa | 2010-08-01 21:44 | 日々是好日 | Comments(0)

好きな音楽やスポーツの話題


by windypapa
プロフィールを見る
画像一覧